治療案内

歯周病治療

1.歯周病について

歯周病は、細菌が主原因で引き起こされ、歯を支えている組織(歯肉・骨)を破壊していく病気です。

体の抵抗力が細菌の勢力(数)に負けてしまうと、歯周病は起こり、進行していきます。

歯周病について

歯周病の進行

[ G ] 歯周病

歯肉にのみ炎症が生じたもので、歯根膜や骨(歯槽骨)までは破壊されていないもの

プラークや歯石が原因で歯肉に炎症を起こします。歯茎は暗赤色で丸みを帯びて腫れ、歯磨きの時や硬いものを食べた時に出血しやすくなります。正しいブラッシングと歯石除去で良くなります。

[ P1 ] 軽度歯周病

歯(歯槽骨)が歯根の長さの 1/3 まで消失したもの

歯茎の炎症が進行すると歯と歯茎の間の付着期間が溶け、歯周ポケットができます。また、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶け始めます。

[ P2 ] 中等度歯周病

歯(歯槽骨)が歯根の長さの 1/3 〜 1/2 まで消失したもの

炎症がさらに悪化すると歯槽骨が溶け、歯根部分が露出し、冷たいものや熱いものがしみたりすることもあります。歯石が歯周ポケットの奥にますます付着し、歯茎が腫れ膿がでてきます。口臭も徐々にひどくなり、歯を支えている骨(歯槽骨)の吸収により歯がグラグラ動きます。

[ P3 ] 重度歯周病

歯(歯槽骨)が歯根の長さの 1/2 以上消失したもの

歯槽骨がほとんど無くなり歯根が露出し、最期には抜けてしまいます。

体の抵抗力が下がる要因

  • ストレス(不規則な生活、生活環境の変化、過労 など)
  • 歯ぎしり・食いしばり
  • 病気(かぜ、糖尿病、血管・血液の病気 など)
  • 妊娠、更年期などによるホルモンバランスの変化
  • 加齢
  • 薬の服用
  • 喫煙

細菌数が増える要因

  • 歯ブラシ、フロスなどの手入れ不足
  • 糖分の摂取方法
  • 歯ならび
  • 適合の良くない修復跡(つめ物、かぶせ物)
  • 歯石
  • 歯、歯ぐきの形がわるい
  • 口が渇きやすい

2.こんな症状は要注意

要注意症状

3.歯周病の治療について

歯周病治療は、その方のお口全体の状態、健康状態、生活環境などによって処置に違いが有ります。

歯周病を改善させるには、まず自分自身の歯周病の状態を私たちと一緒にきっちりと理解していただく事が大切です。

理解していただいた上で、どのようにすれば不安を除き、健康なお口を維持できるか、おいしく食事を取り、会話を楽しめるか考えていきましょう。

歯周病の治療例

術前
術後
術前
術後
術前
術後