医院紹介

青山歯科医院 ドクター紹介

院長青山 康太郎

経歴

  • 平成6年:大阪歯科大学卒業
  • 1994〜1997年:ホリスティックデンタルインスティテュート受講
  • 1996・1998・2000・2002:L.D.Pankey インスティテュート(米国)受講
  • ホリスティックデンタルアソシエーション所属
  • 日本歯周病学会所属
  • 日本口腔インプラント学会所属

院長より

小さいお子様から大人の方まで、その患者様に合った最適な治療、予防をしていけるよう、私たちは日々研究を重ねています。

歯科医としての技術向上はもちろんのこと、『お話をよく聞く』『わかりやすい説明』『痛みが少なく正確な治療』といった、患者様の側に立つことをモットーに対応して参ります。

院長 青山 康太郎

副院長青山 康介

経歴

  • 昭和41年:大阪歯科大学卒
  • 昭和41年~昭和45年:(医)川村会松坂屋勤務
  • 昭和45年~昭和53年:青山歯科医院開設
  • 昭和53年~ 現在地に移転

副院長より

私達は、患者さんのライフサイクルの中で最適な口の健康を作り、維持していく事を手助けしたいと考えています。青山歯科医院では、一人一人の患者さんを大切にする為に、医院の考えとシステム作りを行っています。

治療に関しては、炎症のコントロール(ムシ歯治療、歯周病治療、根管治療等)と、力のコントロール(噛み合せ治療、歯列矯正等)のアプローチを行い、予防の出来る環境を作ります。

副院長 青山 康介
ワンランク上の予防歯科

包括的視点から診る、ワンランク上の予防歯科

「予防歯科」と聞いてどのような事が思い浮かぶでしょうか?

「自分に合った歯ブラシで正しい歯磨きを徹底する」

「キシリトールガムを噛む」

「唾液検査で必要な治療を判断する」

一般的な予防歯科の知識として決して間違いではありませんが、当院の予防歯科は少し違います。

患者様の数だけ異なる生活習慣があります。例えば「ここ最近スポーツを始めた」という方でも、スポーツドリンクの飲み方次第では虫歯になりやすくなります。

当院では食物日誌を付けていただき、歯周病・むし歯との関係を患者様と一緒に分析していきます。

お口の中の問題だけでなく、生活習慣や体全体の栄養状態も含めて予防を考える事によって、包括的な予防歯科が可能となります。

一般的な滅菌と徹底した滅菌

だから少人数制

滅菌とは、微生物を完全に除去、死滅させることを言いますが、滅菌を徹底する事は簡単ではありません。

当院では25年以上前から患者様一人一人、器具を変えて滅菌を徹底しております。

滅菌という言葉は今でこそ馴染みがありますが、本来歯科医院では、患者様の人数が多ければ多いほど滅菌は追いつかなくなります。

当院は滅菌を徹底するために、患者様の人数を少人数制にしております。

滅菌

青山歯科医院の院内感染予防

安心の『高圧蒸気滅菌器クラスB』を採用

高圧蒸気滅菌器

当院では、医療先進国ヨーロッパ規格EN13060において、最も高い基準と言われるクラスB規格の高圧蒸気滅菌器『DACプロフェッショナル(ドイツ シロナ社製)』を採用しております。

高圧蒸気滅菌器クラス B(Big Autocrave Cycle)とは

真空と蒸気の注入を交互に行うプリバキュームにより、チャンバー内の残留空気が排出され、高温の蒸気が滅菌物の細部に行きわたり完全滅菌を可能にする。

現在、日本で多く使われるClass Nのオートクレーブとは違い、Class Bのオートクレーブは固形物、中空、多孔性などあらゆる種類の被滅菌物の滅菌を可能に。

タービンやハンドピースなどの中空部分、ハサミや鉗子などの軸部分など毎日使用する器具の入り組んだ部分も含めすべて滅菌。