治療案内

インプラントについて

インプラント治療は、不幸にして歯を失った部分にチタン製の人工歯根を埋め込み、クラウン、ブリッジ、義歯を取り付ける治療方法です。

顕微鏡

インプラントのメリット・デメリット

メリット

  • 健康な歯を削らなくてもよい。
  • 義歯やブリッジよりも違和感が少ない。
  • 義歯よりも審美的に優れている。
  • 歯肉や骨が健康であれば、治療後の安定感がよい。

デメリット

  • 外科処置が必要である。
  • 費用や期間が多少かかる。
  • 全身の健康状態や骨の状態が悪い場合は治療できないこともある。

安心のインプラント10年保証システム

青山歯科医院では、当院でインプラント治療を受けられ、メンテナンスに継続して来られている患者さんに対して最大10年の保証を行っております。

安心・確実なインプラント治療のために

インプラント治療

インプラント治療だけが欠損部分に対する処置ではありません。人によっては、従来一般的だった義歯やブリッジの方が適切な場合もあります。

青山歯科医院では、デンタルドック、CT撮影、3D診査を行ないます。その結果、インプラント治療を行なうメリットが多い場合のみ処置を行なうようにしています。

安心・確実なインプラント治療には、適切な検査と診断と治療の計画が必要です。

インプラント治療の流れ

STEP 1

デンタルドッグなどにより歯の状態を詳しく調べ、患者様に適したインプラントをご提案致します。

インプラント STEP1

STEP 2

抜けた部分にインプラント(人工歯根)を埋め込み、骨に固定するまで2、3カ月ほど待ちます。

インプラント STEP2

STEP 3

インプラントと骨がしっかりと結合し、土台ができましたら人工の歯を取り付けます。

インプラント STEP3

STEP 4

アフターケアとして正しいブラッシングを行って下さい。

3ヵ月~半年に1回定期的な検診を受けて下さい。

インプラント STEP4

インプラント症例写真集

CASE 1

ブリッジの不具合で来院。デンタルドックを行い、ブリッジ不具合の原因がかみ合わせと関係している事がわかり、全体的な咬合治療とインプラント治療、審美治療をおこないました。

術前
術後
術前
術後

CASE 2

ブリッジの土台(一番奥)の歯が破折。義歯での治療より、インプラントでの治療を希望されました。

術前
術後

CASE 3

ブリッジの土台(小臼歯)が破折、再度ブリッジでの治療が不可能と判断。インプラントでの治療をおこないました。

術前
術後

CASE 4

部分義歯が合わず、インプラントでの治療を希望されました。

術前
術後

義歯(入れ歯)について

義歯の最大のメリットは、『取り外して洗える』ということです。
義歯の設計時に今後の口腔内変化を考慮し、add on 理論(※)を加えることで、 一度作った金属床義歯をいつまでも使っていただくことも可能です。
また、少数のインプラントとのコラボレーションで、 より安定した義歯を作ることも可能です。
青山歯科医院ではインプラントでなければダメというのではなく、 その方のお口の状態や希望によって最善の欠損修復を考えます。

※ add on 理論とは
部分金属床義歯を支えるための支台歯が、健康な歯と比べて弱いと判断できる場合に用いられる理論です。 あらかじめ金属床の支えを周辺の歯にセットしておき、もし弱い支台歯が抜歯になったとしても、セットしておいた部分に人工歯と維持装置を付けることで、新しく義歯を作成しなくても良いようにする義歯設計の考え方です。

義歯

義歯症例写真集

術前
術後
術前
術後
術前
術後